TAKAHIRO YAMAMOTO

山本隆弘
名前

山本隆弘(やまもと・たかひろ)

生年月日

1978年7月12日

スポーツ

バレーボール

出身地

鳥取県

出身校

鳥取商業高等学校
日本体育大学

スポンサー

中学一年でバレーを始め、その後、バレーボールの名門鳥取商業高校へ進学。 一年からレギュラーに抜擢され、全国大会に出場。バレーボール全日本ジュニア代表や全日本ユース代表にも選出される。 その後、日本体育大学に進学し、全日本代表に選出され、2000年4月の日米対抗戦でエースとして日本デビューを果たす。 卒業後は松下電器産業株式会社に入社し、パナソニックパンサーズに所属する。 サウスポーから繰り出す強烈なスパイクを武器に、2003年のワールドカップでは、ベストスコアラーとMVPを獲得するなど日本のエースとして活躍する。 2004年日本人バレーボール選手としては初めてプロ契約を結び、プロバレーボール選手となる。 そして日本中の期待を背負って臨んだアテネオリンピック予選、惜しくも本大会への出場は逃してしまった。 その後、2年ほど日本代表から離れるが、2006年に代表復帰。 アテネの雪辱に燃える2008年の北京オリンピック。見事チームを本大会へと導いた。 2011年のロンドンオリンピック最終予選にもチームのまとめ役として日本代表に選出。2回連続のオリンピック出場を目指したが、予選敗退で本大会出場は叶わなかった。 2012/2013年シーズンをもって現役を引退。 バレーボールで培った経験を生かし、バレーボールの解説や普及活動、メディア出演等で活躍中。2014年、小学生バレーボール大会「T-FIVE CUP」を企画し開催。現在は関東、近畿、中国、四国、九州の5地区で開催。また、趣味でロードバイクに乗り始め、日本一大きなサイクリストとして、自転車のイベントなどにも積極的に参加し、地元鳥取での「GREAT EARTH鳥取すごい!ライド」では、自ら誘致に積極的に動き、2016年11月に開催した。