「スポーツ選手にとっての食事と栄養」

 スポーツをしている方は、「栄養や食事も大切です」「ちゃんと食べましょう」と言われる機会が多くなっていると思います。しかし、ひと昔前まで、スポーツ現場では、「気合で乗り切れ!」、「練習中水は飲むな」「好きな物を沢山食べればいい」など科学的根拠のない声掛けが飛び交っていました。いつ頃からこの状況が日本で変化してきたのでしょう。日本では、1980年代以降の頃トップアスリートに対する栄養サポートが開始され、競技力向上のためになにをどのように食べるかという研究が始められてきました。その研究が発展するとともにスポーツ栄養学が一般的にも普及され始めたました。

 

続きはこちら(有料会員エリアとなります)