パ・リーグを制し、クライマックス・シリーズも勝ち上がることができました。ファンの皆さんの声がとても力になりました。

 

これから4年連続の日本一に向けてできることをしっかりとやって、選手や監督をサポートしていきたいと思います。

 

今回はクライマックス・シリーズで、指導をする人間として「そうだよな」と思えたシーンが、あったのでそれをご紹介したいと思います。

 

ホークスには強打者がたくさんいます。ご存じの柳田悠岐をはじめ、今シーズン頭角をあらわした栗原陵矢、そしてグラシアル、デスパイネといった外国人選手を含め、ホームランが打てる選手は、本当に頼りになります。

 

彼らのプレーを見れば多くの人が、パワーがすごい、技術がすごい、と言うと思います。それはもう、その通りなのですが、もう一つ彼らのすごさには、「一つ一つのプレーの意味を理解している」ことにあると思います。

続きはこちら(有料会員エリアとなります)