渡邉一成

KAZUNARI WATANABE 渡邉一成

MEMBER CONTENTS 会員限定コンテンツ
更新情報

Coming Soon!!

該当のコンテンツはまだ登録されていません。

恐れ入りますが、もう少々お待ち下さい。

PROFILE プロフィール

渡邉一成 KAZUNARI WATANABE

生年月日 1983年8月12日
スポーツ 自転車
出身地 福島
出身校 福島県立小高工業高等学校

幼い頃から野球、水泳、バトミントン、陸上と様々なスポーツに取り組み、高校生の時に見たシドニー五輪を目指す神山雄一郎選手のテレビ特集をきっかけに自転車競技に興味を持ち、競輪学校の受験を決める。

2年間の猛特訓の末、一発合格を果たし、2003年に競輪選手としてデビューした。

2004年、自転車競技の日本代表選考会に参加し、当時日本代表監督のゲーリー・ウエストにその潜在能力を見初められ、同年国際大会でデビューを果たす。

その後すぐに頭角を現し、数々の大会でメダルを獲得する。

その後、10大会連続世界選手権出場、北京、ロンドン、リオと3大会連続オリンピック出場を果たす。

国際レースの経験も豊富で知名度も高く世界中に友人、知人も多い。

一方、競輪選手としては、2003年のデビュー戦で初勝利。

着実にS級へ昇格し、数々のビッグレースで決勝まで進むもタイトル奪取とはならなかったが、ついに2012 年の共同通信社杯競輪で初タイトルを獲得。

2016年の第31回読売新聞社杯全日本選抜競輪(G1)において初のG1制覇。

年末のKEIRIN GPにも初めて出場する。

また自身が子ども好きな事や、被災地出身である事から東日本大震災以降積極的に小学校を周り、慰問活動も続けている。