鈴木誠也

SEIYA SUZUKI 鈴木誠也

MEMBER CONTENTS 会員限定コンテンツ
更新情報

Coming Soon!!

該当のコンテンツはまだ登録されていません。

恐れ入りますが、もう少々お待ち下さい。

PROFILE プロフィール

鈴木誠也 SEIYA SUZUKI

  • blog
生年月日 1994年8月18日
スポーツ 野球
出身地 東京
出身校 二松学舎大学附属高等
学校

小学2年時より野球を始める。中学時代はシニアリーグに進み投手をして活躍。

その後、二松學舍大学付属高校へ進学。1年秋よりエースピッチャーとしてチームを引導、3年時夏の選手権東東京大会では甲子園に届かなかったもののチームをベスト4まで導く。高校在学中の甲子園出場はなかったが投手として最速148キロ、打者として高校通算43本塁打を記録している。

2012年、ドラフト2位で広島東洋カープに野手として入団する。

入団1年目に2軍レギュラーに定着。9月に1軍昇格後初安打・初打点を記録した。3年目のセ・パ交流戦のオリックスバッファローズ戦では2試合連続のサヨナラ本塁打を記録。NPBの1軍公式戦における同一打者の2試合連続サヨナラ本塁打は史上10人目、21歳での達成は最年少の記録であった。レギュラーシーズンでは規定打席到達、打率リーグ2位、本塁打29本でチームトップの成績を残した。初のゴールデングラブ賞、ベストナインを受賞する。

 2017年には第4回WBC日本代表に選出。準決勝までの5試合に出場。チームを3位に導く活躍をみせた。シーズン中の怪我により途中離脱もあったが規定打席に到達。2年連続のゴールデングラブ賞、ベストナインを受賞。

 2018年自身初の開幕4番。自身初の30本塁打を記録。チームの3連覇に大きく貢献した。日本シリーズではチームは敗れたものの球団タイ記録の3本塁打、打率.455の活躍を見せ、敢闘賞を受賞。シーズン後には3年連続のベストナインを受賞、2019年シーズンより背番号1番への変更が発表された。

 2019年のオールスターゲームファン投票ではセ・リーグ最多得票となる485.526票を獲得し4年連続の選出。自身最多となる140試合に出場し自身初となる首位打者、最高出塁率のタイトルを獲得。4年連続のベストナインと2年ぶりのゴールデングラブ賞を受賞。

 シーズン後の第2回WBSCプレミア12日本代表に選出され、同大会では全試合4番で出場し3試合連続の本塁打、打率444でチームの世界一に大きく貢献。大会MVPとベストナインを獲得した。2020年東京オリンピック日本代表候補選手として飛躍が期待されている。